2020年07月24日

配送事故とお客様

 宅急便で送ったきすけどうのプリンについて、お客様から、プリンが崩れていた、と、写真付きのメールで連絡いただきました。
 写真から想像するに、落下した模様。早速、運送会社さんに連絡しました。
 担当の方から、折り返し、電話をいただき、対応してもらいました。その担当の方は、事故処理をきちんとされたうえで、単に事務的に謝罪するのではなく、「自分もきすけどうのプリンを食べたことがある。柔らかくて美味しい。だけど、トラック輸送だと振動もあるし、何か良い対策はないでしょうか」と親身になって考えてくれました。
 私自身、手づくりプリンは柔らかく、寒天やゼラチンなどの凝固剤を使っていないので、包装には何度か改善して気を付けてきたのにも係わらず、今回のことで、お客様にご迷惑をおかけし、残念な気持ちで一杯でした。プリンの宅配をやめることも考えました。
 が、思い直し、さらに送り方を改良し、代替品を送りました。
 すると、お客様から、お電話をいただき、「今度は大丈夫でしたよ」とわざわざお知らせ下さいました。事故対応のため、運送会社さんからも私からも何度も連絡のやりとりがあり、余計な時間を割いてもらったのにもかかわらず。本当にありがとうございました。
 これからも、ドライバーさんのこと、お客様のこと、関係する皆様のことに、思いをはせながら、ていねいにお菓子作りとお届けをしていこうと、改めて思ったできごとでした。



masako1282 at 19:23コメント(0) | 喜助堂 | お菓子 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: